• ソリューション

DoS/DDoSからの防御

  • 課題別
  • 業種別
  • コラム&ダウンロード

DoS/DDoSからの防御

アプリケーションサービスがオープンなインターネット上で提供されている現在、セキュリティをどのように確保するかは大きな課題です。相次いで出現するアプリケーションレベルの攻撃、巧妙化・大規模化するDoS/DDoS攻撃を防御し安全・安心を担保することは、ビジネス展開の上でも重要になります。

ラドウェアのセキュリティソリューションは、トラフィックレベルでその変化(振る舞い)をデータ収集・分析し、それに基づいて自律的に防御体制を構築します。インテリジェントな学習機能を実装しており、既知の脅威のみならず、未知の脅威にも対応が可能です。また、ビジネスプロセスを可視化することで、内部統制の強化、コンプライアンスの徹底を実現します。

モデルケース1

■課題
ボットネットやゼロデイ攻撃など、新たな脅威が次々と出現する中で、セキュリティ対策が後手に回っている。また、突如として襲ってくるDoS/DDoS攻撃によるサービス停止に追い込まれないか不安だ。
■解決策
ハイブリッドな防衛機能を実装するDefenseProを導入し、トラフィックレベルでの異常を検知し新手の攻撃も未然に防御する。
■ポイント
• トラフィックレベルで異常を検知するDefensePro。シグネチャの自動生成機能を実装し自律的に攻撃防御
• 配布シグネチャと合わせたハイブリッド防衛で既知・未知の攻撃から保護
OnDemand Switchの採用により、ライセンス適用のみで自在な拡張が可能

モデルケース1

  • 拡大します

モデルケース2

■課題
肥大化一途のセキュリティ対策関係コスト、運用負荷を削減したい。
■解決策
OnDemand Switchを採用したDefenseProを導入、投資効率向上を目指す。自律型のセキュリティ確保で運用負荷の軽減も可能。
■ポイント
・全拠点のインターネットゲートウェイを集約し、1台のDefenseProで外部からの攻撃を防御。コストと管理負荷を軽減
OnDemand Switch 採用により、最小規模からスタートし必要になった時点で容易にスループットの拡大可能。投資効率の最大化が可能
• 自律型で導入時の煩雑な設定や運用管理の負荷を最小化
• 統合管理ツールAPSolute Visionの利用で統合管理も可能

モデルケース2

  • 拡大します

動画で見る ラドウェアのAMS

ラドウェアのAMS(アタック・ミティゲーション・システム)は統合された包括的なセキュリティモジュールを提供します。 DoSProtection、NBA、IPS、ReputationEngine、WAFにより、増大するネットワークの脅威からアプリケーション基盤を保護します。さらにエマージェンシーレスポンスチームのバックアップにより、セキュリティ基盤を確実なものにします。