• ADC-VX

クラウドベースのDDoS対策

クラウドベースのDDoS対策

  • 特長

さまざまなビジネスニーズに応えるクラウドDDoS攻撃対策

日々進化を続けるサイバー攻撃に備えるためには、継続的かつ自動的に、迅速な保護を提供することができるソリューションが必要です。ラドウェアの Cloud DDoS Protection Services は、お客様のビジネスニーズに応じて「ハイブリッド型」、「常時接続(Always-on)型」、「オンデマンド型」の各種展開方法をご選択いただくことができる、クラウドベースのDDoS攻撃対策サービスです。クラウドサービスを支えるデータセンターでは、DDoS攻撃対策の専門チーム、Radware ERT (緊急対策チーム)が常時監視を行っています。

常時接続(always-on)型Cloud DDoS Protection Services

 
●常時クラウド上でトラフィックを監視
すべてのトラフィックをクラウド上のデータセンターを経由させることで、常にモニタリングします。DDoS攻撃の検知および緩和はクラウド上で行われるため、オンプレミス機器は不要です。
●回線飽和型攻撃にも対応
数十~数百Gbpsという大規模な回線飽和型攻撃が発生した場合にも、自動的にスクラビングサービスが適応され、いつでもクリーンなトラフィックだけがお客様側サイトに送られます。
●DDoS攻撃対策はすべてお任せしたいお客様などに最適
DDoS攻撃対策はすべてクラウドサービスとして提供されるため、社内に専用担当者を設ける必要はありません。また、常に回線飽和型攻撃に晒され続けているお客様や、クラウド上にサーバを設けているお客様、多拠点展開されているお客様にも適しています。

ハイブリッド型 Cloud DDoS Protection Services(DefensePro + 旧DefensePipe)

 
●オンプレミス専用機とクラウドからなる「ハイブリッドソリューション」
オンプレミスにはDDoS攻撃対策専用機であるDefensePro を設置し、Low&slow攻撃などを含む日々のDDoS攻撃を検知、防御。回線飽和型攻撃が発生した場合には、トラフィックを専用のデータセンターであるスクラビングセンターに転送。攻撃トラフィックを除去したのち、正規トラフィックのみをお客様側サイトに送ります。
 
●Defense Messaging の共有により防御を最適化
オンプレミスのDefenseProと、クラウド側のスクラビングセンターは「Defense Messaging」を通じてベースライン情報や攻撃情報を共有します。この方法により、スクラビングセンターは、まだ攻撃が継続しているのか、終わったのか、などの判断などをすることが可能になります。
 
●遅延に敏感なアプリケーションサーバを持つお客様などに最適
回線飽和型攻撃発生時以外はオンプレミスで検知/緩和を行うため、遅延がほぼ発生しません。わずかな遅延も許されないミッションクリティカルなサービスを提供するサーバを運用されているお客様などに最適です。また、できるだけトラフィックを外部に転送したくないお客様にも適しています。

オンデマンド型Cloud DDoS Protection Services

 
●回線飽和型を突然受けたときの回避策的ソリューション
回線飽和型攻撃を受けた場合のみ、ネットワーク機器から回線をスクラビングセンターに転送し、スクラビングサービスを提供する方法です。ベースライン情報を共有するオンプレミス専用機を用いないため、一定時間経過後、トラフィック転送を停止します。今までDDoS攻撃対策をしていないお客様が、突然回線飽和型攻撃を受けた場合の一時回避的にご利用いただくのに最適なソリューションです。

お客様のニーズに応じたサービスを提供

●さまざまなサービスモデル
Radware Cloud DDoS Protection Services は月額課金型サブスクリプションサービスで、課金対象となるトラフィックの種類と量、また、対象となるサイト数や月間の総ミティゲーション時間に応じた複数のモデルをご用意。お客様が直面している攻撃の頻度や量などに応じて、適切なモデルをご選択いただけます。
●日本スクラビングセンターの運用
国外にあるスクラビングセンターにトラフィック転送をしたくないというお客様のために、国内にスクラビングセンターを設置しました。検知から緩和まで、国内のデータセンターのみを経由して行うことも可能です。