• Alteon Application

仮想時代に進化を続けるAlteon

仮想時代に進化を続けるAlteon

  • 特長
  • 構成例
  • 仕様

Alteonの特長

従来のレガシーなレイヤ4負荷分散機能に加えて、ラドウェアの先進のアプリケーション高速化機能、 レイヤ7負荷分散機能、IPv6機能を統合することによって、多様化するトラフィック管理の要求に対して柔軟に対応します。
定評のあるAlteon OSを継承しているため、Alteonユーザはシンプルで安定性の高い操作・運用環境をそのままにシステム強化が可能となります。また、ラドウェアの仮想アプリケーションデリバリー基盤のための革新的アーキテクチャー「ADC Fabric(VADI2.0)」にも対応しています。

注:現在の最新鋭機種はAlteon NG/NG+です。下記のバナーよりAltoen NG/NG+ページへお進みください。


システムの「可用性」を向上

●ヘルスモニタリング
アプリケーションの健全性の確認を常時行い、システムの可用性向上を実現します。
●グローバル負荷分散(*)
複数のサイト間の健全性の確認を行い、最適なサイトに振り分けることによって、ディサスタリカバリにも対応します。
(*)オプションライセンス
●ステートフルフェールオーバー
ADC(ロードバランサ)自身の予期せぬ障害発生に対してもセッションを中断させることなく、ノンストップのサービス提供が可能となります。

アプリケーション配信の高速化

●SSLアクセラレーション
SSLセッションを終端し、SSL通信の復号化/暗号化処理をバックエンド・サーバに負担をかけずに高速化を実現。SSL Client認証にも対応しています。
●TCPマルチプレクシング
ADC(ロードバランサ)とサーバ間の接続を維持することにより、 複数のクライアントからのリクエストに再利用をして、TCP接続の確立に伴うオーバーヘッドをバックエンド・サーバからオフロードできます。
●キャッシング
静的なコンテンツをキャッシュに保存し、バックエンドのWebサーバへアクセスせずに、一部のリクエストをキャッシュから応答。これにより、Web通信の処理をバックエンド・サーバからオフロードするとともに、通信レスポンスを改善します。
●HTTPコンプレッション
HTTPトラフィックを圧縮することで、送信されるデータ転送量を削減。帯域幅コストの低減に加えて、ダウンロード時間短縮による通信レスポンスを改善します。
●TCP最適化
RFC化されている各種最適化オプションを実装。確認応答などの頻繁なショートパケットのやり取りを極力削減し、通信レスポンスを改善します。

複雑なトラフィック制御を実現

●AppShape++
TCLベースのスクリプト言語を用いてアプリケーションおよびフローの制御を可能にするAppShape++により、ユーザー独自の環境に応じたカスタマイズが容易になりました。最新のAlteonOS Ver.29よりサポートしています。サンプルコードをまとめたドキュメントを提供しているため比較的容易にスクリプト作成が可能です。

導入時の工数低減

●AppShape
さまざまなアプリケーションベンダーとの連携試験、評価を行った最適なコンフィグレーションをテンプレートとして提供しています。これにより、設定時間の大幅な短縮とともにヒューマンエラーの極小化を実現します。
SharePoint Server、Exchange Server、SAP、Siebel、WebSphereなど多くのアプリケーションに対応しています。対応アプリケーションの詳細はお問い合わせください。

コストと運用管理の工数低

ADC-VX
ADC(ロードバランサ)の集約によってハードウェアコストを削減。サービスごとに独立したリソースを割り当てることが可能のため、集約に伴うサービスレベルの低下は抑止します。
サービスごとに管理権限の委譲ができるため、管理の簡素化に加えて、セキュリティ面の強化も図ることができます。

クラウドReady!運用の自動化を実現

vDirect
サードパーティの統合管理ツールやオープソースをベースとした先進のクラウドインターフェースに対応したプラグインツールにより、アプリケーション展開時における仮想サーバからADC(ロードバランサ)までのプロビジョニングをワンストップかつ自動化で実現します。

サービスの「見える化」を実現

●APM(Application Performance Monitoring)(*)
稼働状況の監視を行い、サービルレベル低下発生時の原因を3つのポイント(ネットワーク/サーバレスポンス/クライアントのレンダリング)で「見える化」を実現することによって、サービルレベルの維持向上に寄与します。
(*)オプションライセンス

用途に合わせて選択可能な製品群

■仮想アプライアンス型 - Alteon VA
VMware、KVM、OpenXen、Hyper-Vに対応し、汎用仮想サーバ上へのインストールに対応したソフトウェア版Alteon OS。
レイヤー4-7負荷分散、SSLなどのアプリケーション高速化機能も統合し、仮想化環境への高機能な負荷分散を提供します。
Alteon VA
Alteon VA

ラドウェアではAlteon VAのトライアル版を無償で提供しています。このトライアル版は製品版のフルバージョンをダウンロードして30日間の期間限定で試用できるものです。Alteon VAの特長、機能を実際にお試しいただけます。

トライアル版のダウンロードはこちらから

■アプライアンス型
ラドウェアが独自開発した画期的な新プラットフォームOnDemand Switch(ODS)の採用により、ハードウェアの入れ替えやシステム停止をともなうことなく、ライセンスの追加購入だけでスループット、SSLアクセラレーションなどの各種性能の拡張が可能となります。
アクセス数の増加やビジネス拡大に伴ってスイッチの性能が限界に達した場合でも、大規模なアップグレードプロジェクトは不要。再設計、テスト、ハードウェアの交換・増設、デバッグなどの煩雑な作業は必要ありません。
キャリア・大規模エンタープライズ向けのモデルはADC-VXを搭載。
ADC-VXは、複数の仮想ADC(vADC)を1台の専用ADCハードウェアに搭載した業界初のADCソリューションです。 データセンター内に複数配備しているADCを1台のADC-VXに集約、統合することができます。
Alteon 10000
(ADC-VX搭載)
Alteon 10000
Alteon 6420
(ADC-VX搭載)
Alteon 6420
Alteon 5412
(ADC-VX搭載)
Alteon 5412
Alteon 5224
(ADC-VX搭載)
Alteon 5224
Alteon 5208
Alteon 4416

Alteon 4416
Alteon 4416
Alteon 4408
Alteon 4408