• ADC-VX

複数の仮想ADCを搭載した新世代ADC(ロードバランサ)

複数の仮想ADCを搭載した新世代ADC

  • 特長

ADC-VXの特長

複数の仮想ADC(vADC)が1台のハードウェアで動作

ADC-VXは、ADC(ロードバランサ)製品に仮想化のアプローチを取り入れ、1つのハードウェア上に複数の仮想ADCインスタンス(vADC)の稼働を実現した業界初の新世代ADC(ロードバランサ)です。
具体的には、ラドウェアのOnDemand Switchプラットフォーム上で動作するADC-VX Hypervisorが、複数のvADCインスタンスを稼働させています。これにより、データセンター内に複数配備しているADCを1台のADC-VXに集約、統合することができます。
これにより、ハードウェアのコストはもちろんのこと、運用管理のコストや負荷を大幅に軽減できます。また、電力消費や設置スペースに関わる費用も低減することが可能となります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

vADCは完全に独立して動作、障害リスクも最小限に抑制

個々のvADCインスタンスは、OnDemand Switchのリソース(CPU、メモリ、SSLアクセラレータ、ネットワーク)を割り当てられ、完全に独立した1つのADC(ロードバランサ)として動作するため、確実な高パフォーマンスとサービスレベル(SLA)が保証されます。
また、vADCインスタンスごとに異なるソフトウェアバージョンを利用可能なマルチバージョンに対応。さらには、vADCはプロセス単位で独立しているため、インスタンス間の障害の分離を実現します。
vADCは完全に独立して動作、障害リスクも最小限に抑制

ビジネスの成長に合わせ自在に性能を拡張可能

柔軟な拡張性と高パフォーマンスを備えた最新プラットフォーム「OnDemand Switch」によりハードウェアの入れ替えやシステム停止をともなうことなく、ライセンスの追加購入だけでスループット性能、vADC数、SSLアクセラレーション性能などの拡張が可能となります。
ラドウェアの“Pay-as-you-grow”アプローチにより、初期導入時におけるリスク軽減と払いすぎを防止し、ビジネスの拡大に合わせて能力を拡張できる、高い柔軟性を実現します。またL4、L7の処理能力についてはライセンス設定による制限を受けることなく活用いただくことが可能です。
ビジネスの成長に合わせ自在に性能を拡張可能

新規サービスの提供や拡張もスピーディに行えるADC-VX

ADC-VXでは、これまでのようにADC(ロードバランサ)を共有する必要はなく、アプリケーションごとに完全に独立した ADC環境を用意することができます。また、複数の専用ADC(ロードバランサ)を1台に集約して統合管理できるので、新規サービスの提供や拡張もスピーディに行えます。具体的に、単一筐体で複数のサービスに対応していた従来の「共有型ADC」や、単一筐体で単一のサービスに対応する「単一型(サイロ型)ADCs」と比較すると、ラドウェアの「ADC-VX」では以下のような特徴が挙げられます。
新規サービスの提供や拡張もスピーディに行えるADC-VX

運用性の向上

アプリケーションごとにvADCを立てることで、マルチテナントでありながら、vADCごとに独立したリソースを確保しつつ、運用性を大幅に向上させることが可能です。
バージョンアップに伴うテスト範囲をアプリケーション単位でコントロール可能!
・vADC単位でバージョンを自由に選択できるため、特定のアプリケーションシステムのみに新しいソフトウェアバージョンを適用させることが可能。
・ソフトウェア不具合に起因したパッチ適用の際にも、影響を受けるシステムのみに限定して修正確認やテスト作業を進めていくことが可能。
メンテナンス時のアプリケーション運用チーム間での調整が不要に!
・インスタンスの再起動、VRRP切り替え、パッチ適用等々、大半のメンテナンス作業をvADC内で完結させることが可能。
・マルチテナントでありながら、他のアプリチームとの調整に関わる労力を大幅に削減できます。
オペレーションミスの影響範囲を極小化!
・設定インタフェースや設定ファイルはvADC単位で独立。
・運用中に誤って他のアプリケーションの設定を変更してしまうリスクがありません。

ビジネスが加速する「ADC Fabric」を実現する中核ソリューション

ラドウェアでは、このADC-VXを、新世代の仮想アプリケーションデリバリー基盤「ADC Fabric」を具現化する中核ソリューションと位置づけています。ファブリック化されたADC基盤がデータセンターのコンピュータ・ファブリック、ネットワーク・ファブリックをダイナミックにつなぎ、アプリケーション中心のADCサービスを実現、ビジネスの俊敏な展開を可能にします。
ビジネスが加速する「ADC Fabric」を実現する中核ソリューション

ADC-VX紹介ビデオ

ラドウェアのADC-VXの特長と、共有型ADCとの違いおよび利点を簡単に紹介した内容です。