• 会社情報

プレスリリース

ラドウェアがパブリック・クラウド・プロバイダーのAWSとAzure向けに、あらゆるネットワーク/アプリケーション層へのDDoS攻撃を防御する新たなフルマネージド・サービスを提供し、クラウド・サービス・スイートを拡充

2017.03.29

(本リリースは、Radware Ltd. が 2017年3月28日に米国にて発表したプレスリリースの日本語訳です)

2017年3月28日ニュージャージー州マーワー:サイバー・セキュリティおよびアプリケーション・デリバリ・ソリューションのリーディングプロバイダーであるラドウェア:Radware®(NASDAQ: RDWR)は、データセンターとパブリッククラウド環境のAWS(Amazon Web Services)およびAzureの両環境に対して、一元管理が可能な統合型防御機能を備えた業界初のフルマネージドDDoS攻撃防御サービスの提供を開始し、クラウドサービスを拡充します。現在、AWSでホストされたアプリケーション向けが利用可能で、2017年第2四半期には、Azureでホストされたアプリケーション向けが利用可能となる予定です。

ラドウェアの新たなクラウドDDoS攻撃防御サービスでは、オンプレミスとパブリッククラウド環境を組み合わせてアプリケーションをホストする企業に、一貫性のあるセキュリティポリシーとシングルペインによる管理が実現する統合型DDoS攻撃防御環境を提供します。このサービスには、緊急対策チームと問い合わせ窓口、統合型Webセキュリティポータル、レポートツール、オンプレミスとクラウドベース防御全体にわたるDDoS攻撃防御テクノロジーが備わっています。

パブリッククラウドホスト型アプリケーション用の既存のDDoS攻撃防御サービスは、防御機能が制限されており、ネットワーク層DDoS攻撃防御に注力しているものは、アプリケーション/SSLベースのDDoS攻撃に対する防御が欠落しています。ラドウェアのソリューションでは、より動的かつ高度なアプリケーション層DDoS攻撃およびSSLベースのDDoS攻撃に対して、先進的な防御が可能な高精度な防御機能を備え、広範な攻撃に対応できます。これにより、企業には隠れたトラフィックコストはなくなり、クラウドでかつてアプリケーションにまで到達した攻撃トラフィック分の支払いをする必要がなくなることにもなります。

ラドウェアは、2つのモデル常時接続とオンデマンドでサービスを提供いたします。常時接続型クラウドDDoS攻撃防御サービスでは、アプリケーションのトラフィックは常にラドウェアのクラウドスクラビングセンターを経由するため、リアルタイムに攻撃の検知と緩和が可能です。オンデマンド型クラウドDDoS攻撃防御サービスには、アプリケーションのリモート監視、DDoS攻撃の自動検知、お客様へのプロアクティブアラート、攻撃検知時にクラウドスクラビングセンターへ自動転送を行うリアルタイム軽減、などの機能が含まれています。

ラドウェアのクラウドサービス担当副社長Haim Zelikovsky は、次のように述べています。「より多くの企業がハイブリッドクラウド環境を選択し、それを実現するインフラの複雑さが増大しているため、オンプレミスとクラウドの両方にわたるセキュリティソリューションが必要になっています。」

「私どものDDoS攻撃防御サービスでは、複雑な混在環境に対応でき、データセンターとパブリッククラウドにホストされたアプリケーションの両方を、あらゆるDDoS攻撃から防御できます。企業は、アプリケーションの格納場所を問わず、シングルペインによる管理で脅威を監視、緩和することが可能です。」

ラドウェアのソリューションの費用は固定価格です。価格設定モデルは、(無制限の攻撃トラフィック容量を含んだ)正規トラフィックをもとに設定されています。このソリューションでは、緩和された攻撃トラフィックレベルに応じて変わる予測不能な価格設定モデルの採用を避け、企業がクラウド費用を大幅に削減できる優れた価値を提供いたします。

ラドウェアのクラウドDDoS攻撃防御サービスには、次の機能が含まれます。

· 最大範囲の攻撃を網羅、アプリケーション層およびSSLベースDDoS攻撃から防御: AWSおよびAzureをご利用中のお客様に、現在市場最先端の攻撃検知・緩和機能を提供し、あらゆるタイプのDDoS攻撃に対してアプリケーションを包括的に防御します。

· 高精度な防御機能を備えたリアルタイムな緩和対策: ラドウェアは、アウトオブパスの振る舞い検知型クラウドDDoS攻撃防御機能を提供する唯一のサービスプロバイダーです。レイヤー3-7に対するDDoS攻撃を正確に検知し、緩和用の攻撃シグネチャを自動的に作成します。

· 平時に余計な待ち時間なし: オンデマンド型クラウドDDoS攻撃防御サービスでは、攻撃検知時にトラフィックを転送して攻撃を緩和できます。この機能は、自動検知と緩和機能を実行しながら、平時には待ち時間が発生しません。

· 隠れたトラフィックコストは存在しない: アプリケーション層/SSLベースフラッド攻撃からアプリケーションを防御することで、アプリケーションに達する攻撃トラフィックの費用を支払う必要がなくなります。

ラドウェアのクラウドDDoSプロテクションサービスの詳細については、以下をご覧下さい。

サービス詳細:http://radware.co.jp/product/cloud_ddos/index.html


【本件に関するお問合せ先】
日本ラドウェア株式会社 広報担当:マーケティング
電話:03-5437-2371 メールアドレス:marketing@radware.co.jp