• 会社情報

プレスリリース

NFVに対応した業界初のADC仮想アプライアンス「Alteon VA for NFV」を販売開始
ハイエンドデータセンターとキャリアグレードのパフォーマンスに対応したソフトウェア型アプリケーションデリバリーコントローラー

2015.03.06

アプリケーションデリバリーとネットワークセキュリティー分野のリーディングカンパニーである日本ラドウェア株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:河田英典、以下ラドウェア)は、業界最高速のパフォーマンスを誇るNFVに対応したソフトウェア型ADC製品であるAlteon VA for NFVの販売を開始しました。

Alteon VA for NFVは、ソフトウェアベースのアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)製品で、NFVに対応する業界初のADC仮想アプライアンスです。標準的な商用サーバー機と仮想環境上で稼働することができるため、ADCの機能を専用のハードウェアおよびソフトウェア基盤から切り離すことによって、システム導入や保守交換時に発生するなどを含め総所有コスト(TCO)を削減することが可能になります。

Alteon VA for NFVは、キャリアとハイエンドのエンタープライズデータセンターのニーズを満たすためにゼロから設計されました。NFVに準拠した設計となっており、ネットワークに関する処理をハイパーバイザーの仮想スイッチレイヤーを経由せずにネットワークインターフェースカードとダイレクトに行うため、最大スループット160Gbpsの非常に高いパフォーマンスを実現することができます。また、OpenStackなどの仮想インフラ基盤上でのクラスタリングにより最大1Tbpsのパフォーマンスを実現します。
Alteon VA for NFVは、商用ADCとして高い実績を誇るAlteonの機能をベースにしています。Alteonが有する優れたアプリケーションデリバリー機能を全て利用でき、また、オーケストレーションツールとの連携によって柔軟でスケーラブルな環境の構築が容易になります。

Alteon VA for NFVは利点は以下のとおりです。

コスト削減:
標準化されたハードウェア上でADC機能を実行するため、専用ハードウェアの購入や実装を排除可能。
ダイナミックスなスケーラビリティー:
既存のサーバーインフラストラクチャを活用することで、必要に応じてシームレスに処理能力を追加することが可能。
高度なキャリア向け機能:
トラフィック・ステアリングによる効率的なロードバランシングなど、キャリアの要件に対応。
高性能:
マルチvCPUサポートと、vSwitchのバイパスおよびインテルのDPDKライブラリ利用によるハイパフォーマンスを実現。
運用の簡易化:
仮想化オーケストレーションシステムとのネイティブな統合により、複雑なアプリケーションをより迅速に展開可能。

【主な仕様および稼働環境】
・スループット:40Gbps 〜 160Gbps
・対応ハイパーバイザー:KVM、VMwareに対応
・対応NIC:Intel DPDK対応NIC

【参考価格】
Alteon VA for NFV 40Gbpsスループット:オープンプライス