• 会社情報

プレスリリース

ラドウェアの攻撃軽減デバイスが試験機関のテストを経てコモンクライテリア認証を拡大

2014.08.14

(Radware Ltd.が2014年7月14日に発表したプレスリリースの翻訳です)

DefensePro製品ファミリーの拡張バージョンでコモンクライテリア評価保障レベルEAL4+を獲得

仮想およびクラウドデータセンター向けアプリケーションデリバリーおよびアプリケーションセキュリティーソリューションのリーディング・プロバイダーであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、DefensePro®製品ファミリーのソフトウェアバージョン6.09.01と5.11が、共にコモンクライテリア評価保障レベルEAL4+(Evaluation Assurance Level 4+)認証を取得したことを発表しました。

国際的に認められた、コモンクライテリア認証プロセスの目的の1つは、IT製品および保護プロファイルの信頼性を高度で一貫性のある基準で判定し、それらの製品およびプロファイルのセキュリティーが特に信頼できるものであることを知らしめることです。

独立した第三者機関による厳格なテストおよび評価手順には、メーカーが主張する製品の機能についての正当性を確認するための、規則的な反復プロセスが含まれています。コモンクライテリアに認可された試験機関によるテストを経て、ラドウェアのDefenseProはEAL4+を取得しました。DefenseProの製品ファミリーは、ネットワーク内でインラインにデプロイされるネットワークデバイスのセットであり、社内アプリケーションおよびインフラストラクチャー向けにリアルタイムでネットワークベースの侵入検知・防止システムおよびアンチDoS保護を提供します。

「世界的に認められた認証の取得により、製品の信頼性が実証されました。これはお客様に対して、ラドウェアが強いコミットメントを持ち続けているためです」とラドウェアの最高執行責任者であるGabi Malka(ギャビ・マルカ)は述べています。「確かな性能を備え、実証されたセキュリティープラットフォームであるDefenseProがあれば、お客様は安心してネットワークの安全確保を実現することができます。」

ラドウェアについて
ラドウェア(NASDAQ: RDWR))は、仮想およびクラウドデータセンター向けアプリケ―ションデリバリーとアプリケーションセキュリティー分野へソリューションを提供するグローバルリーダ企業で、ビジネスクリティカルなアプリケーションの回復力、IT効率の最大化、および完全ビジネスアジリティーを実現するための幅広いソリューションを提供しています。
ラドウェアのソリューションは、全世界で一万社を超えるエンタープライズおよび通信事業者で使われており、ビジネスの継続性の確保、生産性の向上、およびコスト削減に貢献しています。

ラドウェアに関する情報はこちらをご覧下さい。
http://www.radware.com/
http://www.radware.co.jp/

DefenseProに関する詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.radware.co.jp/product/dp/index.html