• 会社情報

プレスリリース

OpenDaylightプロジェクトのための業界初のオープンSDNセキュリティアプリケーションをリリース

2014.02.10

仮想環境およびクラウドデータセンター向けアプリケーションデリバリーおよびアプリケーションセキュリティー分野のリーディングプロバイダーである、Radware, Ltd.(NASDAQ:RDWR、以下「ラドウェア」)は、2月4日に発表されたSDNとNFV向けのオープンソースプラットフォームプロジェクトであるOpenDaylightの最初のソフトウェアリリース「Hydrogen」において、DoS攻撃やDDoS攻撃からの保護機能を提供するSDNアプリケーション「Defense4All」がリリースされたことを発表しました。

Defense4Allは、DoSおよびDDoS検知と軽減をネイティブサービスとして実現するためのOpenDaylightに統合されたオープンなSDNセキュリティアプリケーションで、ラドウェアがその開発において多大な貢献を行いました。

Defense4Allは、OpenDaylight SDNコントローラフレームワーク Hydrogenに含まれるツールセットで、統計情報収集、異常検知、トラフィックリダイレクション、ミティゲーション管理、ノースバウンドAPIから構成されます。また、ラドウェアのDefense4All SDNアプリケーションとラドウェアのDos/DDoS攻撃防御製品であるDefenseProによって自動化を行うためのリファレンスコードが含まれています。Defense4Allは、Hydrogenのクラウドおよびネットワーク事業者向けエディションに含まれます。

Defense4Allによって、ネットワーク事業者は、OpenDaylight SDNコントローラを活用してDoS/DDoSのモニタリングと管理をサービスを統合し、効率的に管理することが可能になり、また、DoS/DDoS攻撃防御サービスをSDN対応ネットワークの一部として組み込むことによって、顧客毎もしくは仮想ネットワーク毎にサービスを提供することを容易にします。
OpenDaylightとDefense4Allによるプログラム可能なSDN技術を活用することによって、ネットワーク事業者は、統計情報に基づく分析およびインフラストラクチャ層の制御と、DoS攻撃やDDoSネットワークフラッド攻撃へのアクティブな防御を実現でき、さらにスケーラブルでプロビジョニングが容易なセキュリティソリューションの提供を低コストで実現できるようになります。

OpenDaylightとDefense4Allに関する詳細は、OpenDaylightプロジェクトのWebサイトをご参照ください。
http://www.opendaylight.org/