• 会社情報

プレスリリース

DeNAが、ラドウェアのWebサイト表示高速化ソリューションFastViewを「DeNA ショッピング」にて採用

~ スマートフォンサイトでの表示速度の向上により、ユーザーの離脱率改善とコンバージョン率向上を実現 ~

2013.11.26

アプリケーションデリバリーとネットワークセキュリティ分野のリーディングカンパニーである日本ラドウェア株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:河田英典、以下ラドウェア)は、株式会社ディー・エヌ・エーが提供する「DeNA ショッピング」にラドウェアが提供するWebサイト表示高速化ソリューション「FastView」が採用されたことを発表しました。

「DeNA ショッピング」では、アクセスの6割を超えるスマートフォンユーザーに対して、外出先で利用するというモバイルユーザーの特性とモバイル回線の速度の要因によって、ユーザーの要求するページ表示速度を提供できておらず、結果として離脱率が高くなっている事が課題となっていました。

各種クライアント端末やブラウザに応じたコンテンツの最適化を自動で行い、ページ表示の高速化を実現するラドウェアのFastViewを導入することによって、DeNAは、これらの課題を解決するとともに開発に関わるコスト削減も実現しました。

株式会社ディー・エヌ・エー EC事業本部ショッピング事業部 UXデザイングループ UXサービスチームの長谷川 徳一氏は、「表示速度は目に見えて速くなり、離脱率も改善傾向にあります。それがコンバージョンの増加に寄与していると考えています。また、最適化業務の運用の中で、以前は「ソースコードを最適化する」という処理を入れていました。しかし、FastView 導入後は、その処理が必要なくできるようになりました。それは業務改善において非常に効果的で、メンテナンスのコストとして20~30% 削減されました。」と語っています。

FastView導入をサポートした株式会社CDNソリューションズの竹内一弘氏は、「FastViewは、導入前にお客様に効果を体感いただき、ご納得いただいたうえで販売できるため、営業の私にとっても自信をもってご提案できる製品です。これからは、SLA の部分を可視化できる様なソリューションをさらに強化していく点についてもご期待ください。」と語っています。

【FastViewについて】
FastViewは、Webページの表示速度を高速化するソリューションで、ADC(アプリケーションデリバリコントローラー もしくはロードバランサ)や、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)が提供するような従来の高速化手法とは異なる新しい技術を採用しています。既存のページのコードを書き換えることなく、HTML/JavaScriptの統合と書換え、画像ファイルの統合、リソースの読み込み順序の変更、予測キャッシュなどの一連の作業を自動的に行い、ページのパフォーマンスを最適化します。モバイル向けの各種最適化もサポートしているため、開発者が行うチューニングやブラウザ毎の対応作業を削減でき、ユーザーに対して快適なサイトアクセスを提供することが可能となります。
詳しくは、http://www.radware.co.jp/product/fastview/index.html をご覧ください。