• 会社情報

プレスリリース

ラドウェア、仮想化アプリケーションデリバリー戦略「VADI(TM)」を発表

仮想化時代のデータセンターに必須のADCテクノロジー
業界初のADC専用ハイパーバイザーを採用

2010.10.29

統合アプリケーションデリバリーソリューションのリーディング・プロバイダーである日本ラドウェア株式会社(東京都目黒区、代表取締役:秋元正義、以下ラドウェア)は、アプリケーションデリバリーソリューションに革命的なメリットをもたらす仮想化アプリケーションデリバリー戦略「VADI(TM)(Virtual Application Delivery Infrastructure)」を本日、発表いたします。

サーバーやネットワークが仮想化されたデータセンターは、ビジネスに対して大きなコスト節減効果や、変化に対する俊敏性などの様々なメリットをもたらしています。同様にアプリケーションスイッチを始めとしたアプリケーション・デリバリー・コントローラー(ADC)が担う役割に対しても大きな変化を求めています。ラドウェアは、この仮想化のうねりの中で本当にADCが必要とされているものを見極め、ユーザーがADCにおいて従来の環境から仮想化された環境へと移行する際に、パフォーマンス劣化の予測性や、アプリケーションの弾力性に関する潜在的な問題に陥るリスクを避けることができる製品の提供を検討して参りました。

その成果が、今回発表するVADI(TM)、すなわちコンピューティングリソースのみならず、アプリケーションデリバリーと仮想化されたサービスを、俊敏性と拡張性を備えた一つの統合された仮想化インフラへと転換するアーキテクチャです。このVADI(TM)は、アプリケーションデリバリーサービスに対して最大限の敏捷性を提供しつつ、ベースとなるハードウェアとアプリケーションの間のギャップを埋め、SLAやパフォーマンス変動の予測性という観点からの様々なアプリケーション要件に応えるようデザインされています。本質的にラドウェアのVADI(TM)は、標準的なアプリケーションデリバリー用のインフラを、俊敏性のある仮想化されたコントロールプレーンへと変換する画期的なテクノロジーです。

ラドウェアが提供するVADI(TM)の基本コンセプトは以下の通りです。

●筐体に依存しないADCインスタンスの提供
これまで物理的に独立した筐体で提供されていたADCインスタンスを、弊社が独自に開発したADCハイパーバイザー上で動作させたり、ソフトウェアとして一般的なサーバー上で動作させたりすることが可能になります。これにより、クラウド時代のデータセンターに求められる、ビジネスの状況に応じたADCリソースの増減に対する柔軟性や俊敏性を実現します。

●ひとつの筐体で複数の仮想化されたADCインスタンスを運用できる、
業界初のソリューション「ADC-VX(TM)」の提供

これまでの仮想化ADCソリューションは、個々の仮想化されたADCインスタンスについて、サービスレベルや耐障害性、管理性などの観点で本当の意味で独立であるとは言えず、ADCが仮想化されることによる様々なリスクを想定しなければいけませんでした。ラドウェアのADC-VX(TM)は、これらADCの仮想化によるリスクを極小化するために、独自に開発したADCハイパーバイザーにより、CPUやメモリなどのハードウェアの各リソースのみならず、ネットワークやマネージメントを完全に独立させた運用が可能となります。さらに個別の仮想化されたADCインスタンスで障害が発生した場合でも同一筐体内の他のインスタンスに影響を及ばさない設計となっています。

●オンデマンドでビジネスの拡大に対応
業界に先駆けて2008年5月に発売を開始して以来、数多くの導入実績を誇るラドウェアのオンデマンドテクノロジーが、VADI(TM)にも適用されます。これまでのスループットやSSLなどのアプリケーション・アクセラレーションなどの各種機能に加え、ひとつの筐体に設定できるインスタンスの数も筐体を交換せずにライセンスの投入のみでの拡張に対応しています。これにより、ユーザーは初期投資を最小限に抑え、ビジネスの拡大に応じた投資、すなわち“Pay-as-you-grow”モデルを最大限享受していただくことが可能です。

●ソフトウェアADCも提供
ADC-VX(TM)のリリースに加え、今後1年間に様々なVADI(TM)関連製品をリリースいたします。中でも、一般のサーバー上で動作するソフトウェア版ADC製品も近日中にリリース予定です。

日本ラドウェアの代表取締役である秋元 正義は次のように述べています。「これまでラドウェアは仮想化の流れに対して本気で取り組んできておりましたが、このたびすぐにお使いいただけるADC-VX(TM)を含めた新しい戦略を発表できることを非常に喜ばしく思っております。今後、弊社のVADI(TM)がより多くのお客様に仮想化によるメリットをご提供できることを楽しみにしております」。

【日本ラドウェアについて】
http://www.radware.co.jp/
日本ラドウェアは、米国NASDAQ市場において株式を公開するRadware Ltd.の100%子会社です。ラドウェアは、長年にわたってミッションクリティカルなアプリケーションのアベイラビリティ、パフォーマンス、セキュリティを最適化・最大化するための、インテリジェント・アプリケーション・スイッチを開発・販売。その高い信頼性と高品質なサービスで、アプリケーションデリバリのリーディングカンパニーとして、世界中で高い評価を獲得しています。