• 会社情報

プレスリリース

ラドウェア、2010年第3四半期の業績を発表

●四半期売上は3,680万ドル
●非GAAPベースの営業利益は510万ドル
●非GAAPベースの1株あたり利益は26セント

2010.10.29

ビジネススマートネットワーキングの統合アプリケーションデリバリソリューションのリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は10月27日、2010年第3四半期(2010年7月~9月)の売上が過去最高額の3,680万ドルであると発表しました。売上は、前年同期(2009年第3四半期)の2,920万ドルから25.8%増、前期(2010年第2四半期)の3,520万ドルからは4.4%増となりました。

2010年第3四半期のGAAP(一般会計原則)ベースの純利益は370万ドル、1株あたり純利益(希薄化後)は17セントとなりました(前年同期は純利益20万ドル、1株あたり(希薄化後)1セント)。

2010年第3四半期の非GAAPベースの純利益は560万ドル、1株あたり純利益(希薄化後)は26セントとなりました(前年同期は純利益210万ドル、1株あたり(希薄化後)11セント)。

2010年度第3四半期末の現金持高は、現金、短期性および長期性預金、市場性の有価証券を含め、合計1億7,220万ドルでした。現金持高は同四半期で2,300万ドル、過去12カ月で約5,200万ドルそれぞれ増加したことになります。

ラドウェアのCEOであるRoy Zisapel(ロイ・ジサペル)は次のように述べています。「営業利益、1株あたり利益そして現金残高を含め、四半期売上の記録をさらに更新し、業績アップを続けて達成できたことを本当に喜ばしく思います。またデータセンターの統合や仮想化向けの新製品の売れ行きの見通しもよく、市場での競争力をさらに高めることができると考えています。今年は当社にとって、アプリケーションデリバリやネットワークセキュリティの市場での優位性を強固にする非常に重要な一年になりそうです」

2010年第3四半期(7月~9月)の重要な発表
・ラドウェア、仮想化アプリケーションデリバリインフラストラクチャに関する戦略を発表
・南アフリカのサービスプロバイダ、Internet SolutionsがラドウェアのAppDirectorを採用、ハイエンドのアプリケーションデリバリ機能をプロバイダ業界に導入。
・ラドウェア、Alteonの再販売事業者としてKapsch CarrierCom AGと提携
・ラドウェア、業界をリードするセキュリティ機能搭載ADCソリューションとして新製品AppDirector 2.30を発表
・ラドウェア、オラクル製PeopleSoft Enterprise 9.1との統合をオラクルより認定
・ラドウェア、2xmoinscher.comに卓越したユーザーエクスペリエンスを提供しながら、同社の閲覧者に向けた事業の継続およびPCI準拠の徹底に貢献
・好評のラドウェア製AppDirector(R)ソリューションが、オラクル製E-Business Suite (EBS) 12.1との統合に関してオラクルから認定
・ラドウェア、モバイル回線接続時のネットワーク資産の保護に対応
・ラドウェアのAppDirectorがIPv6 Ready Logoを取得
・ラドウェア、2010年度「TMC Labs Innovation Award」を受賞
・ラドウェアのvAdapterがVMware Ready(TM)認定を取得
・ラドウェアのAppDirectorがオラクル製Siebel Customer Relationship Management 8.1との統合に関してオラクルから認定
・ラドウェア、「Three Communications Solutions 2009 Product of the Year Awards」を受賞

ラドウェアでは、米国東部標準時間2010年10月27日午前8時45分より四半期投資家向け電話会議を開催いたします。2010年第3四半期の決算報告書を中心とし、その他事業関連事項も一部取り上げています。

2010年第3四半期の電話会議にご参加の場合は、以下の電話番号をご使用ください。
米国内からご参加の場合: フリーダイヤル1 877 392 9880
米国外からご参加の場合: +1 760 666 3769

同会議の内容は、米国東部標準時間2010年10月27日午前8時45分よりWebキャストでもお聴きいただけます。
http://www.radware.com/Company/InvestorRelations/default.aspx
※また、このWebキャストは30日間再生可能です。

【日本ラドウェアについて】
http://www.radware.co.jp/
日本ラドウェアは、米国NASDAQ市場において株式を公開するRadware Ltd.の100%子会社です。ラドウェアは、長年にわたってミッションクリティカルなアプリケーションのアベイラビリティ、パフォーマンス、セキュリティを最適化・最大化するための、インテリジェント・アプリケーション・スイッチを開発・販売。その高い信頼性と高品質なサービスで、アプリケーションデリバリのリーディングカンパニーとして、世界中で高い評価を獲得しています。