• 会社情報

プレスリリース

ラドウェア、AppDirectorがIPv6 Ready Logoを取得

米国ニューハンプシャー大学InterOperability Laboratory(UNH-IOL)により
AppDirectorの相互運用性及び基準適合性が実証

2010.08.03

ビジネススマートネットワーキングの統合アプリケーションデリバリーソリューションのリーディング・プロバイダーであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は28日、インテリジェントなアプリケーション・デリバリー・コントローラ(ADC)であるAppDirector(R)2.20のIPv6 Ready Logo取得を発表しました。米国ニューハンプシャー大学InterOperability Laboratory(UNH-IOL)により実施された検査でAppDirectorがIPv6 ForumのIPv6 Ready Logo認証を取得したことにより、AppDirectorが同ロゴのプログラムに準拠し、他のIPv6 Readyデバイスやネットワークとの互換性を有していることが実証されました。

AppDirectorは、サーバーインフラストラクチャーのリソースを最適化し、シームレスな統合や高い拡張性を実現することで、IPv6およびIPv4ベースのネットワークでのアプリケーションのデリバリーを強化し、生産性と効率性を向上させます。IPv6ネットワークによるインフラストラクチャーを配備した企業は、AppDirectorにより自社のネットワークやアプリケーションを他の次世代IPv6ネットワークと統合させて、設備費と人件費を削減できます。

これにより、ネットワーク上のサーバー数を大幅に増やすことで、ネットワークのアドレススペースを拡張できるため、現在および将来にわたるユーザーニーズとアプリケーションのニーズに適ったネットワークとアプリケーション実装の拡張が可能になります。通信事業者側からも、AppDirectorのようなIPv6対応デバイスを実装することで、IPv6をサポートするようにアプリケーションを改良、またはアップグレードする必要なく顧客層全体にサービスを提供できます。

UNH-IOLのディレクターであるErica Johnson(エリカ・ジョンソン)氏は次のように述べています。「今回AppDirectorがIPv6 Ready Logoを取得したことで、ラドウェアの品質と互換性へのこだわりが証明されたように思います。IPv6が実際に運用されはじめ、製品の品質適合性と相互運用性を証明することが業界全体にとって極めて重要になっています」

IPv6対応ネットワークのインフラストラクチャーは、IPv4ベースのネットワークのアドレススペースが次第に枯渇している特定地域のユーザーも対象としています。AppDirectorは、IPv6インフラストラクチャーのネットワークに対してアドレス指定、ルーティング、負荷分散機能、IPv6からIPv4への変換、IPv4からIPv6への変換等の完全サポートを実現しています。

ラドウェアのビジネス開発担当副社長のYossi Vardi(ヨッシ・ヴァルディ)は次のように述べています。「UNH-IOLによりAppDirectorの機能が徹底的に検査された結果、当社のソリューションがIPv6を実装したネットワークに対して完全サポートしていることが実証されました。この結果により、中断時間のないネット環境に必要な最大限の可用性、性能、セキュリティ機能を含めたビジネス向け完全サービスパッケージをAppDirectorによりご提供できることが正式に認められたのです」

ラドウェアのビジネス・スマート・データセンター戦略は「Pay-as-you-grow(成長に応じた設備投資)」モデルやオンデマンドの高性能プラットフォームの製品群を含めた、幅広い革新的な機能を提供しており、AppDirectorは同戦略の一環として生まれた製品です。

UNH-IOLについて
UNH-IOL(1988年設立)は、データ、通信、ストレージネットワーキング製品、テクノロジーを対象として、広範囲で独自の相互運用性検査および基準適合性検査を実施しています。豊富な経験を持つスタッフ、標準団体への参加実績、面積32,000平方フィート(約2,973平方メートル)を超える設備を擁した同機関は、製品の市場投入を効率よく高い費用対効果で行えるよう企業をサポートしています。

詳細は下記のサイトをご覧ください:http://www.iol.unh.edu/

【日本ラドウェアについて】
http://www.radware.co.jp/
日本ラドウェアは、米国NASDAQ市場において株式を公開するRadware Ltd.の100%子会社です。ラドウェアは、長年にわたってミッションクリティカルなアプリケーションのアベイラビリティ、パフォーマンス、セキュリティを最適化・最大化するための、インテリジェント・アプリケーション・スイッチを開発・販売。その高い信頼性と高品質なサービスで、アプリケーションデリバリのリーディングカンパニーとして、世界中で高い評価を獲得しています。

本件に関するお問合せ
日本ラドウェア株式会社
マーケティング本部
電話:03-5437-2371 
FAX:03-5437-8288
e-mail: marketing@radware.co.jp