• 会社情報

プレスリリース

ラドウェア、富士ゼロックスと販売代理店契約を締結

Alteon製品のサポート継続と製品提供の拡大に向けてラドウェアのパートナープログラムを提供

2009.12.15

ビジネススマートネットワーキングの統合アプリケーションデリバリソリューションのリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ: RDWR)は、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本忠人氏、以下富士ゼロックス)と、日本市場に対して引き続きAlteon製品や関係するソリューションやサービスを提供するため、販売代理店として契約を締結したことを本日、発表いたします。本契約は、ラドウェアと富士ゼロックスの関係強化と、日本における販売拡大が狙いとなっています。

これまで日本市場でのAlteon製品の販売に大きく貢献してきた富士ゼロックスとの契約締結により、ラドウェアは今後販売をさらに加速させ、Alteon製品ラインのエンドユーザおよび富士ゼロックスの販売代理店の皆様に、より一層の利益がもたらされることを目標にしています。また、富士ゼロックスはラドウェアのパートナー・プログラムに参加することで、よりレベルの高いトレーニングやプログラム、ツールを利用できるようになります。これによってラドウェアのAlteon製品に関するビジョンや、主要な差別化要因、付加価値、さらには包括的なデータセンター・アプリケーションデリバリーソリューションおよびアプリケーション・ネットワークセキュリティソリューションのコンセプトなどをより高いレベルで共有し、日本市場におけるビジネスの更なる拡大を目指すことができるようになります。

富士ゼロックスの常務執行役員 ソリューション・サービス営業本部長 勝丸泰志様は、以下のようにコメントしています。「私たちがラドウェアのプログラムに参画することを決めた要因は、彼らがアプリケーションデリバリ技術の分野で優れた実績と世界的なリーダーシップを持っているからです。私たちはマーケットを大事にするテクノロジパートナーを必要としており、彼らの革新的な最先端テクノロジソリューションが、彼らの実力の証しです。また私たちは、Alteon事業買収後のプロフェッショナルなインテグレーションに感銘を受けました。今後、Alteon製品をお使いのエンドユーザー様にはこれまで以上のサポートを提供させていただくため、また私たちの販売パートナー様には利益を生むビジネスの成長のお役に立つため、ラドウェアと緊密に連携を取っていくことを楽しみにしております」

今回の契約締結に先立ち、ラドウェアはAlteon Application SwitchやAlteon Application Acceleratorといったノーテル社のAlteon製品群を買収しています。同時にラドウェアは、Alteon製品群の今後の開発や、製品提供の継続性についてもユーザや代理店に対してコミットしています。なお、買収後の円滑な事業統合により、全世界の大半の実績あるAlteon販売パートナーは、ラドウェアのパートナー・プログラムに参加しています。

日本ラドウェア株式会社の代表取締役である秋元正義は以下のように述べています。「富士ゼロックス様を私たちの販売パートナーとして迎えることができたことを心から嬉しく思っております。このパートナーシップにより、日本市場でのラドウェアの認知度が高まることは間違いありません。富士ゼロックス様は、ラドウェアのAlteon製品やサービスについて熟知しているだけでなく、ダイナミックな代理店施策を実現する力を持っていますので、この提携により、私たちの共通のお客様に対してより良いサービスを提供し、真の付加価値を創出できることを確信しています」

【富士ゼロックスについて】
富士ゼロックスは1962年に創立以来、日本全国に約200の事業所を有しています。富士ゼロックスは、Alteon製品群の販売を10年以上行ってきた実績があり(1997年7月に旧Alteon Networks社との提携を開始)、通信事業者やその他企業を含む多くのクライアントに最適なソリューションを提供しています。

本件に関するお問合せ
日本ラドウェア株式会社
マーケティング本部
電話:03-5437-2371
FAX:03-5437-8288
e‐mail: marketing@radware.co.jp