• 会社情報

プレスリリース

ラドウェア、VMwareテクノロジアライアンスパートナープログラムに参加

- VMwareとラドウェアの統合テクノロジで、QoEの評価、データセンターリソースの最適化、SLAの確保が可能に -

2008.09.17

MAHWAH, NEW JERSEY; September 15, 2008 - ビジネススマートネットワーキングの統合アプリケーションデリバリソリューションのリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は先日9月15日、同社がVMwareテクノロジアライアンスパートナー(TAP)プログラムに参加したことを発表しました。VMware TAPプログラムは、テクノロジベンダがその製品をVMware仮想化ソフトウェアと統合し、互いの顧客に共同ソリューションをタイムリーに提供できるようにするものです。

ラドウェアのチーフオペレーティングオフィサーであるIlan Kinreichは次のように述べています。「TAPプログラムに参加することで、ラドウェアではVirtualDirectorをVMwareインフラストラクチャと緊密に統合するために必要なAPIやリソースを使用できます。これにより、ラドウェアのお客様は、真に自動化されたデータセンターを実現できるようになります。VirtualDirectorは、設定した優先度に基づいたネットワークトラフィックの最適化、停止時間の削減、SLA(Service Level Agreement)の順守、ペナルティの回避、運用コストの節約を実現する上で、お客様のお役に立ちます。」

VMwareアライアンスプログラムのシニアディレクターであるBernie Mills氏は次のように述べています。「新たにラドウェアがVMware TAPプログラムに参加することに、とても期待しています。VMware TAPプログラムでは、ラドウェアのような企業に、互いのお客様のニーズに合った高価値のソリューションを開発するために必要なツールやリソースを提供しています。」

世界中から700を超えるメンバーが参加するVMware TAPプログラムは、優れたテクノロジパートナーと協力し、VMwareの技術およびマーケティングサービス、サポート、ツール、および専門技術を包括的に各企業に提供して、互いの顧客に提供する価値を高めています。


ラドウェアについて
統合アプリケーションデリバリソリューションのグローバルリーダーであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、世界中の5,000を超える企業および通信事業者のビジネスクリティカルなアプリケーションの完全な可用性、最高の性能、および完全なセキュリティを確かなものにしています。インテリジェント・フロントエンド、アクセス、およびセキュリティ製品の受賞歴のある包括的スイートであるAPSolute を使用すれば、ネットワークを「ビジネススマート」化することによって、あらゆる業種の企業で、ビジネスの生産性の促進、収益性の向上、IT運用/インフラストラクチャ費用の削減を実現できます。詳細については、www.radware.comを参照してください。


このプレスリリースにはリスクおよび不確実性を伴うことがある見通し情報が含まれています。見通し情報と大幅に異なる結果を実際に生じさせる可能性がある要因には、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ産業のビジネス概況、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ製品の需要の変化、注文のタイミング、量、キャンセル、およびその他のリスク等がありますが、これらに限定されるものではありません。これらのリスクについては、ラドウェアが米国証券取引委員会 (SEC) にその時々に提出するForm 20-F などの報告書で詳述しています。

本件に関するお問合せ
日本ラドウェア(株)
マーケティング本部 森
電話:03-5437-2371 
FAX:03-5437-8288
e-mail: marketing@radware.co.jp