• 会社情報

プレスリリース

ラドウェアが日本国内市場の販売網を強化 
-ソフトバンクBBと販売代理店契約を締結-

2008.08.19

 日本ラドウェア株式会社(東京都目黒区、代表取締役:秋元 正義、以下日本ラドウェア)は、本日、ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義、以下ソフトバンクBB)とラドウェアのアプリケーション・デリバリー製品に関する販売代理店契約を締結したと発表しました。

 今日、ブロードバンドの普及が全国規模で進み、マルチメディア・コンテンツを含む多様な情報に、いつでも、どこからでも簡単にアクセスできる環境が整ってきました。一方、企業のITインフラにおいても、低廉で広域化が進むブロードバンドの整備により、全国に展開されている事業所、支社や支店から、本社あるいはデータセンターに設置された業務アプリケーション・サーバにアクセスできるイントラネットの構築が進んでいます。もはや、ブロードバンドネットワークは、電子商取引や企業の業務に欠かせない重要なITインフラであり、今後は、エンド・トゥ・エンドで確実なアプリケーション配信を実現できるソリューションがより重要になってきます。
 今回の締結は、ブロードバンドの普及とそのソリューションの拡充に貢献していきたいとするソフトバンクBBと、「可用性」と「パフォーマンス」、「セキュリティ」を的確に実現するアプリケーション配信ソリューションを提供するラドウェアが協業することにより、より優れたソリューションを提供していきたいという両社の考えが一致したことによるものです。

 日本ラドウェアの代表取締役である秋元正義は次のように述べています。「今回の締結により、ラドウェアは、非常に強力なパートナーを得ることが出来ました。ソフトバンクBB様の強力な販売網とサポート力により、ブロードバンド・ソリューションの普及に貢献していきたいと考えています。」

 この締結に基づき、ソフトバンクBBは、ラドウェア全製品の国内販売及び保守業務を行います。日本ラドウェアにおいては、強力なパートナーとの協業により、国内販売が大きく拡充・強化されます。


ラドウェアについて
統合アプリケーションデリバリソリューションのグローバルリーダーであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、世界中の5,000を超える企業および通信事業者のビジネスクリティカルなアプリケーションの完全な可用性、最高の性能、および完全なセキュリティを確かなものにしています。インテリジェント・フロントエンド、アクセス、およびセキュリティ製品の受賞歴のある包括的スイートであるAPSolute を使用すれば、ネットワークを「ビジネススマート」化することによって、あらゆる業種の企業で、ビジネスの生産性の促進、収益性の向上、IT運用/インフラストラクチャ費用の削減を実現できます。詳細については、www.radware.comを参照してください。


ソフトバンクBBについて
「Yahoo! BB」を中核としたブロードバンドにおけるインフラや各種サービスの提供、および技術開発から営業、販売、サポートまでを一貫して行っています。また、IT関連の流通事業とサービスを提供し、ブロードバンドやイーコマースの関連事業会社を統括、管理しています。ソフトバンクBB株式会社の会社概要・詳細は、以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.softbankbb.co.jp/


このプレスリリースにはリスクおよび不確実性を伴うことがある見通し情報が含まれています。見通し情報と大幅に異なる結果を実際に生じさせる可能性がある要因には、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ産業のビジネス概況、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ製品の需要の変化、注文のタイミング、量、キャンセル、およびその他のリスク等がありますが、これらに限定されるものではありません。これらのリスクについては、ラドウェアが米国証券取引委員会 (SEC) にその時々に提出するForm 20-F などの報告書で詳述しています。

本件に関するお問合せ
日本ラドウェア(株)
マーケティング本部 森
電話:03-5437-2371 
FAX:03-5437-8288
e-mail: marketing@radware.co.jp