• 会社情報

プレスリリース

中国東方航空、オリンピックにおけるピークトラフィックの処理のためにラドウェアを選択

~乗客のスムーズな搭乗に向けて、包括的ADCソリューションを展開~

2008.07.17

MAHWAH, N.J.; July 15, 2008 – ビジネススマートネットワーキングの統合アプリケーションデリバリソリューションのリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は先日7月15日、中国航空大手の中国東方航空で、ラドウェアのAPSoluteアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)ソリューションが正常に展開されたと発表しました。ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションの中核において、EコマースとWebアプリケーションを最適化するために、AppXcel、LinkProof、SecureFlowとアプリケーション/ネットワーク用セキュリティ製品であるDefenseProを組み合わせたソリューションが採用されました。

中国東方航空は、ネットワークアクセスの遅延およびインターネットセキュリティの問題を効果的に解決するために、ラドウェアの包括的ADCソリューションを使用して次世代のネットワークインフラストラクチャを構築しました。このインフラストラクチャによって、ユーザアクセス応答速度の向上とともに、Eコマースシステム全体のモニタリング、制御、および管理が強化されます。このため、中国東方航空は、乗客にさらに効率的なサービスを提供できるようになり、オリンピック組織が提示した課題に対応することができました。

中国の堅調な経済成長、本土の観光産業の高まり、および近く行われるオリンピックのため、中国東方航空は、かつてないほどの量のネットワークアクセスを処理する必要に迫られました。そこで、ネットワークをアップグレードすることによって、複数のインターネットリンクの利用率を向上させ、既存のイントラネット、エクストラネット、インターネット、および無線LANの運用と安定性に影響を及ぼすことなく、さまざまなISPユーザに対して迅速な応答速度を実現することが急務となりました。また、オリンピックおよびホリデーシーズンを通して、あらゆるビジネスクリティカルなアプリケーションで、可用性、パフォーマンス、およびセキュリティが高いネットワークアクセスを確保するために、DoS/DDoS攻撃に対する効果的な保護メカニズムを実装する必要もありました。

こうした要件を満たすために、中国東方航空はラドウェアを選択しました。ラドウェアは、同社製品のLinkProof、SecureFlow、AppXcel、およびDefenseProを組み込んだ包括的ADCソリューションを提案し、このソリューションを展開しました。

•LinkProof:インターネットを常に使用可能な状態に保ってインターネットリンクの使用を最適化するだけではなく、インテリジェントなISP間負荷分散を調整不要で実現します。LinkProofは、中国東方航空の顧客がインターネットで最も迅速にデータにアクセスできる、最適なISPリンクを選択します。

•SecureFlow:粒度の細かいアプリケーションインテリジェンスによって、ベストオブブリードなコンテンツインスペクション、アンチウィルス、VPN、IDS、ファイアウォールセキュリティツールのパフォーマンスを最適化します。中国東方航空は、この拡張可能な統合スイッチアーキテクチャを使用して、セキュリティポリシーの常時実施、高い可用性、迅速な応答時間、およびデータセンターの全セキュリティ機器のコスト効率が高く、トランスペアレントな拡張性を実現しています。

•AppXcel:圧縮、キャッシュ、HTTP多重化、TCP最適化など、包括的な高速化テクノロジを使用して、中国東方航空のエンドユーザに対するアプリケーション応答時間を向上させます。

•DefensePro:受賞歴のある本製品は、外部からの侵入を防御し、高速かつ詳細にリアルタイムのアプリケーショントラフィックをスキャンすることによって、中国東方航空のWebサイトを脅威および攻撃から保護します。


「ラドウェアの高いパフォーマンスを誇る包括的ビジネススマートネットワーキングソリューションを展開することによって、ネットワーキングシステムのパフォーマンスを迅速に向上できました。この新しいシステムでは、インターネットリンクの可用性、安定性、およびセキュリティを高めることによって、さらに安定性が高く、迅速かつタイムリーなトランザクションサービスを乗客に提供できます。さらに、DoS/DDoS攻撃に対するリアルタイムの保護によって、ビジネスクリティカルなシステムのセキュリティを確保するとともに、投資も保護することができます。」と中国東方航空のIT管理部門のDong Ming(ドン・ミン)氏は述べています。

「当社は、業界をリードするリアルタイムモニタリングテクノロジ、常時使用可能なソリューション、ビジネスクリティカルな高速化機能、および侵入とDoS/DDoS攻撃に対するリアルタイムの保護機能を活用して、包括的ソリューションを提供しました。今回のソリューションで、航空産業のお客様の高まり続ける要件に対して、容易に対応可能な新しいビジネスモデルを創出できました。」とラドウェアの華北地区ゼネラルマネージャー、Zhao Jun(ツァオ・ジュン)は述べています。


中国東方航空について
中国東方航空(CEA)は、中国の大手航空会社の1つです。CEAは、中国で最も活気に溢れ、発展著しい上海に本社を置いています。1988年に創設され、以来、急速に成長し続けています。株式改革に成功し、1997年に、上海、香港、ニューヨーク証券取引所に上場を果たしました。最近では、80を超える国際/地区路線、330を超える国内路線で運航しており、中国および海外の110の都市を繋いでいます。同社は、中国国内を網羅し、日本、韓国、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ、およびオーストラリアを結ぶ、上海を拠点とした世界規模のネットワークを構築しており、国内外の乗客に対してスムーズな航空サービスを提供しています。CEAの登録資本金は25億5,800万人民元、総資産は621億人民元です。また、35,000人の従業員を抱え、A340-600/A340-300/A330/A320シリーズ、B767/B737シリーズなど、大規模および中規模の最新ジェット旅客機を200機所有しています。

ラドウェアについて
統合アプリケーションデリバリソリューションのグローバルリーダーであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、世界中の5,000を超える企業および通信事業者のビジネスクリティカルなアプリケーションの完全な可用性、最高の性能、および完全なセキュリティを確かなものにしています。インテリジェント・フロントエンド、アクセス、およびセキュリティ製品の受賞歴のある包括的スイートであるAPSolute を使用すれば、ネットワークを「ビジネススマート」化することによって、あらゆる業種の企業で、ビジネスの生産性の促進、収益性の向上、IT運用/インフラストラクチャ費用の削減を実現できます。詳細については、www.radware.comを参照してください。


このプレスリリースにはリスクおよび不確実性を伴うことがある見通し情報が含まれています。見通し情報と大幅に異なる結果を実際に生じさせる可能性がある要因には、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ産業のビジネス概況、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ製品の需要の変化、注文のタイミング、量、キャンセル、およびその他のリスク等がありますが、これらに限定されるものではありません。これらのリスクについては、ラドウェアが米国証券取引委員会 (SEC) にその時々に提出するForm 20-F などの報告書で詳述しています。

本件に関するお問合せ
日本ラドウェア(株)
マーケティング本部 森
電話:03-5437-2371 
FAX:03-5437-8288
e-mail: marketing@radware.co.jp