• 会社情報

プレスリリース

ラドウェア、SIPに完全に対応したインテリジェントアプリケーション
デリバリコントローラ、SIP Directorを市場にいち早く投入

数々の受賞歴を誇るAppDirectorをベースに、
キャリアグレードのパフォーマンスを顧客に提供

2008.01.24

ビジネススマートネットワーキングの統合アプリケーションデリバリソリューションのリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は先日1月22日、アプリケーションデリバリ製品群に最新製品、SIP Directorを追加することを発表しました。完全にSIPを意識したアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)を市場にいち早く投入するためのソリューション、SIP Directorは数々の受賞歴のあるAppDirectorに基づいており、SIPベースのアプリケーションのために特別に設計されています。

SIPの展開は、アプリケーション/フィーチャサーバ、VoiceMail、IVR、メッセージングサーバ、コンファレンスアプリケーション、メディアサーバ、コールセンターアプリケーション、および911サービスを含む集中型WebとVoIPアプリケーションで急速に広がり続けています。SIPの導入が増加するにつれ、SIPは一層ミッションクリティカルなものとなり、ベンダとシステムインテグレータは通信事業者とオペレータにキャリアグレードの要件を支援するソリューションを提供しなければなりません。この要件は、製品範囲で一般的に対応されず、システム統合の段階で扱うべきアプリケーションとシステム開発にとって大きな負担となります。

「ラドウェアのSIP Directorは、競争力を保つためにサービス提供を継続的に発展させる方法を検討している現在の電気通信サービスプロバイダの要求に対応しています」とIDCのVolPインフラストラクチャプログラムディレクタ、Elisabeth Rainge氏は述べています。「高度なレイヤー4-7サービスを利用することで、SIP Directorはサービスプロバイダが粒度の細かい分類とコントロールによってVoIPとその他のマルチメディアのトラフィックフローを最適化できるようにします」

ラドウェアのSIP Directorは、SIPのサービスデリバリを保証します。同製品は、高可用性、最適化されたパフォーマンス、および完全なセキュリティを網羅するADCの領域で画期的な製品を開発してきた10年間の経験に基づいて誕生したものです。SIP Directorはベンダ、NEP、システムインテグレータ、および通信事業者を念頭に設計され、SIP特有のキャリアグレードとセキュリティ要件に対応する必要性、および集中型WebとVoIPアプリケーションデリバリに対するコラボレーションアプリケーションの必要性に応えるために開発されました。

「SIP Directorは、特にVoIP/SIPベースのソリューション用として現在の顧客の要件を念頭に開発されました」とラドウェアのCTO、Amir Pelesは述べています。「SIP Directorは、現場で証明済みの展開方法で極めて拡張性の高いキャリアグレードのパフォーマンスを市場に提供します。これは、新しくエキサイティングな機会を開くソリューションのリーディングキャリア製品群を展開し、当社の市場範囲を拡大するものです」

「我々はラドウェアの新しいSIPベースのADCソリューションを歓迎します。」とデルタスリーのエンジニアリング&ネットワークオペレーションディレクタAmos Shahar氏は述べています。「これを当社のSIPベースのプラットフォームに統合することで、キャリアグレードの可能性から多くを得ることができます。ラドウェアのSIP Directorを利用することで、当社は製品化に要する時間と開発に要する労力を大幅に削減することができるでしょう」

主な長所
•高可用性と弾力性: ヘルスモニタリング、フェイルオーバ、障害回復を行うインテリジェントなSIP ADCを提供。
•サービスデリバリの保証: 徹底的なSIPメッセージ分析を実施、サービスの実現と可用性に基づいてトラフィックを伝送。
•拡張性: 大規模ネットワークシステムの展開に不可欠なシステム費用の削減を行うために「お客様の成長に合わせた拡張」方法、負荷ベースのルーティング、TLSオフロードを提供。
•SIP の相互運用性とサービスデリバリの保証: UDP、TCP、およびTLSを支援する統合型SIPプロキシが、相互運用性とサービスの可用性を向上。
•トランスポート変換: 共通のSIPトランスポート間をブリッジ接続 – TCP、 UDP、およびTLS
•柔軟性: 構成インターフェースの取り扱いが簡単。コーディングやスクリプト作成が不要。
•セキュリティの強化: ユーザとネットワークをDoS(サービス拒否)やその他の攻撃から保護し、プライバシー保護機能も提供。
•導入に要する時間の削減: 購入後すぐに使えるキャリアグレードのコンプライアンスとシステムパフォーマンスを提供。



ラドウェアについて
統合アプリケーションデリバリソリューションのグローバルリーダーであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、世界中の5,000を超える企業および通信事業者のビジネスクリティカルなアプリケーションの完全な可用性、最高の性能、および完全なセキュリティを確かなものにしています。インテリジェント・フロントエンド、アクセス、およびセキュリティ製品の受賞歴のある包括的スイートであるAPSolute を使用すれば、ネットワークを「ビジネススマート」化することによって、あらゆる業種の企業で、ビジネスの生産性の促進、収益性の向上、IT運用/インフラストラクチャ費用の削減を実現できます。詳細については、www.radware.comを参照してください。


このプレスリリースにはリスクおよび不確実性を伴うことがある見通し情報が含まれています。見通し情報と大幅に異なる結果を実際に生じさせる可能性がある要因には、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ産業のビジネス概況、アプリケーション・スイッチングまたはネットワーク・セキュリティ製品の需要の変化、注文のタイミング、量、キャンセル、およびその他のリスク等がありますが、これらに限定されるものではありません。これらのリスクについては、ラドウェアが米国証券取引委員会 (SEC) にその時々に提出するForm 20-F などの報告書で詳述しています。

本件に関するお問合せ
日本ラドウェア(株)
マーケティング本部 森
電話:03-5437-2371 
FAX:03-5437-8288
e-mail: marketing@radware.co.jp