• 会社情報

プレスリリース

ラドウェアがIDG-TechWorldの“アプリケーション配信製品のテストによる比較”で最優秀評価を獲得

~ラドウェア製品の優位性を証明~

2007.05.25

インテリジェント・アプリケーションスイッチ業界のリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、AppDirector 1000が、IDG TechWorldアプリケーション配信テストで競合製品を抑え、最も高い評価を得たことを発表しました。このテストにより、ラドウェアが、高速で信頼性のあるセキュアなアプリケーション配信を常に実現できることが証明されました。

TechWorldは、中・大規模の企業を想定したエンタープライズ環境で、ベンダーが複数のサーバ間のトラフィックを監視、制御、分散する能力を、性能と可用性の高さから評価しました。実施された2つのテストに使用されたのは、Microsoft SQL Serverをクラスタで使用したWindowsサーバと、Internet Information Serverを使用したWebサーバです。まずテストエンジニアが、トラフィックを増加させて各製品の弾力性をテストした後、提供されたサポート、操作/インストール/設定の容易さ、機能、改善性、堅牢性、安定性をもとに、最終的な評価を行いました。このグループテストで、ラドウェアはレビュアーより最高点を獲得しました。

ネットワーク上のルータとアプリケーションの間に位置するラドウェアのAppDirector 1000は、WANとデータセンターにおけるすべてのトラフィックを完全に把握し、正常性モニタリング、トラフィック・リダイレクション、ロードバランシング、トラフィック・シェーピング、帯域管理、その他のアプリケーション・サービスに加え、侵入防御、DoS(サービス拒否)攻撃防御の機能を提供します。TechWorldは、AppDirector 1000がレイヤー4~7における高度なポリシーと、粒度の高いアプリケーション・インテリジェンスによって、クリティカルなアプリケーションとデータを常時稼働させることができると判定しました。また、主な利点として次の点を高く評価しました。

* AppDirector 1000は、アクティブなセッションのトラフィックの測定、サーバ間でやり取りされるトラフィックの比較、各サーバの負荷の判断の点で、トップクラスの競合製品に比べ、はるかに柔軟な構造になっている。


* AppDirector 1000は、個々のタスクをスムーズに実行し、また、膨大なトラフィックをインテリジェントかつ効率的にサーバ間で分散して、トラフィックの急増、サーバのボトルネック、システムの切断、ダウンタイムの回避を実現。


* AppDirector 1000は、複数のデバイスに対し、より高い操作性とビルトイン監視機能、および集中管理機能を提供する、優れたインタフェースを提供。


TechWorldの製品テスター、パー Aフォースバーグ氏は、次のように述べています。「ラドウェアのAppDirector 1000は、主にインタフェースが優れているという理由で、最高の評価を獲得しました。このソリューションは信頼性のある強固なものであり、当社のテストでも優れたパフォーマンスを発揮しました。また、ロードバランシングの点でも、実に安定したソリューションです」。

なお、詳細なレポートにつきましては、こちらをご覧下さい。

* 文中記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。


ラドウェアについて
ラドウェア(Nasdaq:RDWR)は、レイヤー4-7スイッチ、セキュリティスイッチのリーディングカンパニーとして製品を開発し、世界中140カ国以上でその製品の販売を続けています。これらラドウェアのインテリジェント・アプリケーション・スイッチは、ミッションクリティカルアプリケーションの【1】アベイラビリティ、【2】パフォーマンス、【3】セキュリティを、エンタープライズユーザの本社から支店まで、また、キャリアのデータセンターからユーザまで、まさにエンド・トゥ・エンドで、最大化そして最適化いたします。ラドウェアの択一したアプリケーションセキュリティとアプリケーションインフラ、そしてエンド・トゥ・エンド接続ソリューションは、世界中の大手企業とキャリアに展開されています。数々の賞を獲得したラドウェアのソリューションは、金融、テレコム、大学、官公庁を含むすべての企業のニーズを満たし、世界中に数多くの導入事例を持っています。

このプレスリリースには、リスクを負いかねない前向きな記述が含まれています。実際の業績結果が記述と相違する要因が幾つか考えられます。報告結果に対する米国会計法の導入、インターネットトラッフィック管理業界のビジネス状況、インターネットトラッフィック管理製品に対する需要の変化、オーダーキャンセルの時期と量、その他安全保障為替委員会により記述された様々なリスクを含んでいます。



<本件に関するお問合せ>


日本ラドウェア株式会社
マーケティング本部

電話:03-5437-2371 / FAX:03-5437-8288 / E-mail:marketing@radware.co.jp