• 会社情報

プレスリリース

独立系調査機関がDefenseProの性能を高く評価

NSSグループがDefenseProの評価試験を行いIPSとDoS攻撃防御機能を高く評価


ニュージャージー

2005.05.31

インテリジェント・アプリケーションスイッチ業界のリーディング・プロバイダであるラドウェア(NASDAQ:RDWR)は、セキュリティ製品の独自の評価施設を持つNSSグループによる評価試験において、ラドウェアの侵入防御(IPS)スイッチであるDefenseProが、包括的で安定した侵入防御(IPS)機能を有しているとして認められたことを発表しました。

ラドウェアはDefenseProが悪意のある攻撃や侵入を正確にブロックできることを証明するために、NSSグループのIPS評価プログラムにDefensePro 3000を持ち込みました。評価期間中、NSSグループでは、実環境で想定される条件において度重なるテストを行い、その結果、DefenseProはミッションクリティカルアプリケーションの可用性とパフォーマンスを維持しながらも、様々な攻撃に対応できる能力を証明しました。

NSSグループの厳正なテストにより、ラドウェアのDefensePro 3000は、たとえ広帯域な環境においても、ミッションクリティカルアプリケーションをセキュアなものとすることができることが明らかになりました。また、NSSグループは、ほとんどすべてのネットワーク負荷とパケットサイズの条件下で、DefenseProのスループットと遅延時間が大変優秀であることを確認しました。これはまさにラドウェアが主張している "業界をリードする防御とアプリケーションの可用性を実現するDefensePro" というメッセージに符合します。

"単なる攻撃のブロックと防御だけではなく、IPSソリューションはネットワークセキュリティとアプリケーションのパフォーマンスと信頼性を保証するものでなくてはなりません。NSSグループのテストにより、先進的なセキュリティ機能を備えたDefenseProだけが、様々な手法による攻撃をブロックし、ミッションクリティカルアプリケーションにそれらの影響が及ばないようにすることができることが証明されました" とラドウェアのR&D部門のヴァイスプレジデントであるAssaf Ronen (アサフ ローネン) は述べています。

NSSグループのテストは、DefenseProのユニークな能力を強調し、次のように結論付けています。

・8時間におよぶ広範な攻撃(数百万のエクスプロイトと正しいトラフィックが混在する条件)において、DefenseProは正当なトラフィックをすべて通過させつつ、アタックトラフィックを100%ブロックしました。

・DefenseProのスイッチングアーキテクチャは、様々な負荷状況において、遅延時間の最小化をもたらしました。

・DefenseProは僅かな遅延時間で、100MbpsのSYNフラッドを防ぐとともに、不正なトラフィックパターンやハッキングを防止しました。

・DefenseProは1Gbpsにものぼるアプリケーションアタックを、プロトコルアノーマリやトラフィックアノーマリをリアルタイムに検知することでそれらをブロックしました。


"ラドウェアパフォーマンスについては本当に印象的です。我々のテストにより、DefenseProはたとえ過酷な状況においても、攻撃を検知し、そして何よりもそれらをすべてブロックできることが明らかになりました" とNSSグループのディレクターであるBob Walder (ボブ ウェルダー) は語っています。






<ラドウェアについて>
ラドウェア(Nasdaq:RDWR)は、創業以来、インテリジェント・アプリケーション・スイッチ(ロードバランサ)の専業ベンダーとして、インターネット・トラフィック管理の分野で最高の製品とサービスを提供してきました。ラドウェアは、ミッションクリティカルなビジネス・プロセスの動作を保証し、アプリケーション・ニーズに基づいてネットワーク・リソースを的確に割り振ることで、最適かつ最高の稼動状態を提供するだけでなく、同時にセキュリティ・レベルを高めることが可能です。数々の賞を獲得したラドウェアのソリューションは、金融、テレコム、大学、官公庁を含むすべての企業のニーズを満たし、世界中に数多くの導入事例を持っています。

ラドウェア製品に共通する特徴には以下の4点があります。
・ 専用OSを使った強固なセキュリティ
・ スイッチベースのハードウェアによってもたらされる耐久性・高性能
・ 用途別専用設計システムによる高い信頼性
・ APSolute OSモジュール(超高速なDoSアタック防御、リアルタイム侵入防御、帯域制御)

DefensePro、Web Server Director(WSD)、LinkProof、FireProof、Content Inspection Director(CID)、Cache Server Director(CSD)、CertainT100、などの幅広い製品ラインアップは、エンドトゥエンドでアプリケーションを最適稼動させる上で、強固かつ拡張性の高いネットワーク環境を提供します。
クリックからコンテンツまで、信頼できるネットワークを構築しましょう。ラドウェアとともに。
さらに詳しい情報は、こちらへ。www.radware.co.jp


*リリース中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースには、リスクを負いかねない前向きな記述が含まれています。実際の業績結果が記述と相違する要因が幾つか考えられます。報告結果に対する米国会計法の導入、インターネットトラッフィック管理業界のビジネス状況、インターネットトラッフィック管理製品に対する需要の変化、オーダーキャンセルの時期と量、その他安全保障為替委員会により記述された様々なリスクを含んでいます。


<本プレスリリースについてのお問い合わせ先>
日本ラドウェア株式会社
セールス & マーケティングマネージャ 荒波 修
電話:03-5437-2372 / E-mail:osamua@radware.co.jp